リリースとサポートのサイクル

From Joomla! Documentation

This page is a translated version of the page Release and support cycle and the translation is 100% complete.

Other languages:
العربية • ‎català • ‎Deutsch • ‎English • ‎español • ‎eesti • ‎français • ‎Bahasa Indonesia • ‎italiano • ‎日本語 • ‎Nederlands • ‎português • ‎русский
Joomla! 
3.9.13
安定版

このページでは、2014年4月25日に公開された現在の開発戦略の概要を説明しています。2014年4月25日以前にリリースされたすべてのJoomlaバージョンは、以前のリリースおよびサポートサイクルに従って開発されました。 より詳細な説明はJoomla development strategyの全文を読むべきです。

Joomla!は Semantic Versioning (2.0.0)に従って開発されてきました。LTS(長期サポート)とSTS(短期サポート)の使用は、もはや関連がなく行われていません。明確にするために、以下の用語を使用します。これらの単語と意味を理解してください。

  • supported(サポートされた) - バグやセキュリティの修正パッチを受け取るメジャーバージョンの最新のマイナーバージョン。
  • current(現在) - 最も若い'最新の' major.x.x、 公式リリースバージョン。
  • legacy(レガシー) - 現在の(current)バージョンでないすべてのmajor.minor.patch バージョン[1]
  • stable(安定) - currentとlegacyから暗示される、本番環境での使用準備ができたメジャーバージョン[2]
  • EOS - 'end of support(サポート終了)'の頭字語で、バグやセキュリティ修正のためのパッチは今後リリースされないことを示しています。
  • EOL - 'end of life(ライフの終了)'の頭文字でEOSと同じ意味です。[3]

各Joomla!のメジャーバージョンは最初のリリース日から一定期間、The Joomla! ProjectTMによってサポートされます。Joomlaは最低2年間、各メジャーバージョンを積極的に開発します。メジャーバージョンのロードマップのスケジュールでメジャーバージョンの開発が進められます[4]。簡単に要約すると:

  • 各メジャーバージョンは最低4年サポートされます。
  • 最新のメジャーバージョンのminor.patchを常に使用すべきです。
  • リリースされた各マイナーバージョンの更新は、同じメジャーバージョンの以前のマイナーバージョンとの後方互換性があります[5]

major.minorバージョンや全メジャーバージョンのEOS(サポートの終了)を判断するには、Joomla! CMS 開発ロードマップJoomla! CMS バージョンのチャートを利用してください。

バージョンのナンバリングの説明

Joomlaのバージョン識別子は、ソフトウェア変更の重要性によって定義される3レベルの数値規則で決定します。

[major].[minor].[patch]

その3レベルは以下のように定義します:

  1. major(メジャー)バージョンが増加することは、下位互換性がなくなっていることを示します。
  2. minor(マイナー)バージョンの増加は、新しい機能の追加や機能の大幅な変更を示します。
  3. patch(パッチ)バージョンの増加は、バグが修正されたことを示します。

あなたはJoomla3.3.6を使用しているとします。メジャーバージョンは3、マイナーバージョンは3、パッチバージョンは6であることを意味します。3.3.6へのパッチがリリースされたら、Joomlaバージョンは3.3.7になります。メジャーバージョン3の新しいマイナーバージョンなら、 3.4.0です。このページの右上にはいつも、Joomlaのマイナーとパッチを含んだ現在の安定したサポートバージョンを表示しています。


参照

  1. 注:legacyはcurrentに対しての位置付けとして使用されます。legacyバーションの使用や継続使用の判断には、EOSの日付を注視してください。
  2. alpha, beta or rc (release candidate) のマークはテスト版でのみ使用されます。
  3. EOSはEOLと互換的に使用できます。 どちらの用語も'サポート終了'を示し、それ以上ではありません。 'EOL'はソフトウェアが機能しなくなるという意味と混同しないでください。
  4. The full explanation of supported releases can be found under the heading 4.3 Supported releases on the Joomla Development Strategy document.
  5. An extension or template installed on major.0.x version will work on major.7.x version. Extension or template are created by a 3rd party developer and their updates are the responsibility of each developer to publish. The installation of extension or template updates are the responsibility of the user.