Joomla! 1.5 から 4.x への段階的な移行

From Joomla! Documentation

This page is a translated version of the page Joomla 1.5 to 4.x Step by Step Migration and the translation is 100% complete.

Other languages:
Deutsch • ‎English • ‎español • ‎فارسی • ‎français • ‎Bahasa Indonesia • ‎italiano • ‎日本語 • ‎Nederlands • ‎português do Brasil • ‎svenska • ‎中文(台灣)‎

以下は、1.5サイトをJoomla4.xに移行するための段階的な手順です。サイトを移行する方法はたくさんありますが、これにより、従うべき基本的な手順がわかります。

はじめに

Joomla! 1.5から4.xへの移行は主要な移行です。これら2つのバージョン間で、機能とデータベーステーブルに多くの変更があります。ワンクリックアップデートではありません 。新しいJoomla! 4インストールをビルド/インストールしてから、データをそこに移行(移動)します。まだ行っていない場合は、自己評価計画のドキュメントをご覧ください。

まず、JoomlaCoreデータとサードパーティのエクステンションデータを区別しましょう。Joomla Coreデータ(コンポーネント)は次のとおりです。

  • カテゴリー
  • 記事
  • メニュー
  • モジュール(コアモジュール - サードパーティではありません)
  • バナー
  • 連絡先
  • メッセージ
  • ニュースフィード
  • リダイレクト
  • 検索
  • スマート検索

段階的に

移行ツールを使用すると、Joomlaコアデータの移動はかなり簡単です。それ以外はすべて、サードパーティのエクステンションまたはカスタムビルドのエクステンションです。これにはテンプレートが含まれます。各サードパーティのエクステンションを調査して、Joomla 4.xの準備ができており、移行パスがあるかどうかを判断する必要があります。あなたは計画プロセスを行ったかも知れません。そうでない場合は、今それを行う必要があります。一部のサードパーティエクステンションは、サードパーティツールを使用して移行できます。 できない人もいます。 読む。 リサーチする。 計画する。

データを移行する方法はたくさんあり、サイトごとに異なるため、正確な手順はサイトごとにわずかに異なります。

Joomla4の場所を準備

  1. 先に進む前に、サーバー環境が Joomla! 4の技術仕様 を満たしているかを確認してください。
    (注) ホストが技術要件を満たしていない場合は、ホストを変更する必要があります。ホストを変更する必要がある場合は、技術仕様を満たすホストに新しいホスティングアカウントを設定し、一時ドメインのサーバーのルートに新しいJoomla4.xサイトをインストールします。これにより、立ち上げが簡単になります。 または、ローカルデバイスに開発場所を設定することもできます(以下を参照)。
  2. Joomla! 4.xサイトの新しいデータベースと新しいユーザーを作成します。必要に応じて、データベース名、データベースユーザー名、データベースパスワードを文書化します。 install Joomla 4.

開発場所の設定

  1. 次のいずれかで作業するテストサイトまたはビルドエリアを作成します。
    • サブドメイン
    • サブディレクトリ
    • WAMPMAMPLAMPXAMPP経由のローカルデバイス
    • ルート内の一時ドメイン上の新しいホスティングアカウント(移行の過程でホストを変更したい場合)
  2. 新しいデータベース名とデータベースユーザー名を使用して、テストサイトの場所に 最新バージョンのJoomla 4.x新規にインストールします。
    警告: サンプルデータをインストールしないでください!
    (注) Joomla! 3.4+から切り離されるコアエクステンションのいずれかを移行する場合は、Joomla4.xとコアでサポートされているエクステンションをインストールする必要があります。コアでサポートされているエクステンションには、JED(extensions.joomla.org)およびエクステンション管理の「Webからインストール」タブからアクセスできます。データを移行する前に、コアでサポートされているエクステンションをインストールしてください。分離/削除されるものの詳細についてはRoadmap をご覧ください。2021年8月の時点で、Webリンクのみが分離されています。
  3. Joomla 4サイトのバックアップを実行します。(Joomla! Webサイトのバックアップの基本 または 推奨ツールを参照ください)

現在の1.5サイトの準備

  1. 1.5サイトで、バックアップ後に最新バージョン1.5.26に更新します。
  2. セクション、カテゴリ、記事、モジュール、メニュー項目をクリーンアップします。 それらがすべて一意のエイリアスを持っていることを確認してください。
  3. コンテンツ管理(セクション、カテゴリ、記事)、メニュー管理、モジュール管理でゴミ箱を空にします。
    (注) セクションはJoomla 4には存在しなくなりました。セクションは親カテゴリになります。 カテゴリは、親カテゴリのネストされたカテゴリになります。
  4. この時点以降の現在のサイトでの変更は、新しいサイトで再入力する必要があることをユーザーに通知します。データが絶えず変化する非常に複雑な移行については、 この雑誌記事この動画を参照してください。

移行ツールの選択

  1. 多くの移行ツールがあります。 無料のものもあれば、少しお金がかかるものもあります。 特定のデータのみを移行するものもあります。 他のデータよりも多くの種類のデータを移行するものもあります。
  2. 各移行ツールには、データの移動方法に関する独自のステップバイステップのドキュメントがあります(データを移動しない場合は使用しないでください)。 一部の移行ツールでは、同じサーバー上に1.5サイトと4サイトが必要になります。 ホストを切り替える場合は、新しいホスティングアカウントで1.5サイトの*サブドメイン*を復元して、データを取得することをお勧めします。 終わったら削除します。
  3. 移行ツールは、 エクステンションディレクトリーで見つけることができます。
  4. ツールを選択するときは、移行プロセスでItemIDを同じに保つことができるツールを選択してください。これは、検索エンジンのランキングを維持するために必要です。そうしないと、リダイレクトが増える可能性があります。 リダイレクトの詳細については、以下をご覧ください。
  5. 小規模なサイトの場合は、手動で移行することをお勧めします。カテゴリと記事を作成し、htmlを新しいサイトにコピーします。次に、イメージディレクトリをコピーします。/ storiesディレクトリ(Joomla 4.xのデフォルトの画像ディレクトリではなくなりました)を保持してください。そうしないと、それぞれを修正するまで画像リンクが壊れます。
  6. 移行ツールの1つ(無料のもの)を使用すると、記事とそれらの記事に関連付けられている画像のみを持ち込むことができます。これは、メディア管理が制御不能な場合に役立ちます。

移行

  1. 移動するすべてのコアデータをJoomla 4.xに移行します。移行ツールでセクションとカテゴリの移動を要求された場合は、必ず両方を実行してください。変換は、カテゴリとネストされたカテゴリに自動的に行われます。
  2. Extension Manager  Database へ行き、次の場所に移動して、データベース修正を実行します。上部のツールバーの[修正]ボタンをクリックします。
  3. 新しいテンプレートまたは変換されたテンプレートをインストールして、コンテンツを表示できるようにします。詳細はテンプレートに関する考慮事項をご覧ください。
  4. 使用するツールでメニューが表示されない場合は、新しいメニューを追加してください。 分割メニューを使いたいなら今それを設定します。
  5. 使用することを選択したツールがモジュールを引き継がなかった場合は、モジュールを追加します。使用するツールがモジュールを引き継いだ場合は、必要に応じてモジュールの位置を新しいテンプレートの位置に変更して、モジュールが表示され、作業内容を確認できるようにします。
  6. 重複するエイリアスの問題を確認して修正します。
  7. 内部リンクを確認してください。 壊れているものがある場合は、それらを修正します。
  8. バックアップを取ります。
  9. 他のサードパーティのエクステンションをインストールして構成します(エディター、Akeebaバックアップ、スライドショー、プラグインなど)。
  10. バックアップを取ります。
  11. 移行するデータを含む大規模なエクステンションがある場合は、開発者のドキュメントに従ってそれぞれを実行し、それぞれの後にバックアップを取ります。
  12. 移行ツールで画像が移動しなかった場合は、画像を1.5サイトから4.xサイトに移動することをお勧めします。注:すべての画像を再リンクする場合を除いて、/ storiesディレクトリを保持してください。 storiesが混乱している場合は、ここから/ imagesディレクトリで新しい組織構造を開始できます。
  13. 推奨されますが、問題がない限り必須ではありません。アセット問題の修復便利なツールについては、以下をご覧ください。
  14. サイトに何かを追加したり、タグやカスタムフィールドなどの新しいコア機能を使用したりする場合は、この時点でそれらをセットアップして構成します。
  15. Joomla 4サイトでURLを確認し、Joomla1.5サイトと比較してください。それらが異なる場合は、リダイレクトを実行してランキングを維持できるように、それぞれ(Excelスプレッドシートが役立ちます)1.5 URLとそれらが使用するJoomla4.x URLを文書化します。
  16. バックアップを取ります。
  17. すべてを確認してください。
  18. もっとクリーンアップします。
  19. すべてをテストします。
  20. バックアップを取ります。
  21. 更新されたデータを1.5サイトからJoomla 4サイトに移動、変更、または追加します。
  22. テンプレートにGoogleアナリティクスを追加するか、サードパーティのプラグインを使用します。
  23. グローバル設定を確認して、すべてが正常であることを確認します。
  24. Joomla 4.xサイトの最終バックアップを取ります。
  25. 1.5サイトの最終バックアップを取ります。
  26. 1.5サイトをルートから別のサブドメインまたはサブディレクトリに移動するか、単に削除します(これにより、参照する必要がある場合に、しばらくの間再びサイトを利用できるようになります)。
  27. 推奨ツール(下記)を使用してバックアップと復元を行うか、ファイルを移動して4.xサイトをホスティングのルートに復元します。
    (注) ホストを変更する場合は、Joomla 4.xサイトをそのままにして、ドメインのネームサーバーを変更するだけでライブにすることができます。最初にメール設定に問題がないかを確認してください。
  28. SEF URLが必要な場合は.htaccessを有効に。
  29. サイトマップを作成し、Googleウェブマスターツールまたはその他の必要な検索エンジンに送信します。
  30. 移行プロセスで変更されたURLに対して、以前に作成したスプレッドシートからすべてのリダイレクトを実行します。
  31. 4.xサイトが稼働するまで待つ必要のあるその他の変更を加えます。
  32. もう一度テストします。
  33. 別のバックアップを取ります。
  34. 1.5サイトのインスタンスをできるだけ早く強制終了します。
  35. サーバーでのハッキングの試みを防ぐために、作業していた可能性のある他のすべての開発サイトを削除するか、現在のバージョンを実行している場合は最新の状態に保ちます。
  36. Joomla! 4.xへようこそ!

推奨ツール

  • Akeeba Backup はバックアップと復元用。
  • ACL Manager は数回クリックするだけでアセットの問題を修正できます。