更新前チェック

From Joomla! Documentation

This page is a translated version of the page Pre-Update Check and the translation is 87% complete.

Outdated translations are marked like this.
Other languages:
Deutsch • ‎English • ‎español • ‎français • ‎日本語 • ‎Nederlands • ‎中文(繁體)‎

Joomla! 3.10.xの新機能は、更新前チェックです。Joomla アップデートコンポーネントのこのビューは、サイトが存在するサーバーの技術仕様と、更新サーバーを使用するコアおよびサードパーティのエクステンションを一覧形式で示しています。

To navigate to the Update-screen:

  • Click the 'Live Update' tab.

更新前チェック画面に移動するには:

  • コンポーネント  Joomlaの更新 メニューアイテムのトップバーをクリック
  • 更新前のチェック画面が表示されない場合は、アップデートの確認 ボタンを押すか、キャッシュをクリアしてページを更新します。

技術仕様

更新前チェックの上部には、現在のサーバー環境が、必要なPHPとデータベースの両方の設定で現在のターゲットバージョンのJoomlaと互換性があるかどうかが表示されます。技術的な要件 ページのデータはチェックしている仕様を表示します。

更新前チェックコンポーネントの必須のPHPおよびデータベース設定部分 更新前チェックコンポーネントの推奨PHP設定部分

重要なのは、何が赤くてJoomla 4.xと互換性がないかどうかを確認することです。そうでない場合は、Joomla 4.xに移行する前に、ホスティング業者に相談するか、ホスティング業者を変更する必要があります。移行中はホスティング業者を変更する絶好の機会です。計画と段階的な説明の詳細については移行ファンネル をご覧ください。

エクステンションの更新前チェック

更新前チェックコンポーネントの拡張部分は、サードパーティのエクステンションをプルします。

targetplatform タグ、エクステンションの使用の有無に基づいて一覧はセクションに分かれています。開発者の場合、これらのタグの詳細と更新サーバーのデプロイ方法については更新サーバーのデプロイ をご覧ください。Joomlaのアップデートシステムの詳細については、 Joomla! アップデートシステムの要件Extensions Extension Manager Update ページをご覧ください。

各色の見出しの右側にある詳細表示 リンクをクリックすれば、サイトにインストールされているエクステンションに関する追加情報を確認できます。

更新情報利用不可

ここに表示されているエクステンションは、まだJoomla 更新システムをサポートしていないか、少なくとも、選択したターゲットJoomlaバージョンのサポートを示すtargetplatformタグがありません。(更新サーバーのデプロイを参照)表示されているエクステンションの開発者に連絡して、4.xと互換性があるのかを確認してください。

更新が必要

ここに表示されているエクステンションを 4.x で正しく機能させるには更新が必要です。表示されているエクステンションの開発者に連絡して、アップグレードの前または後にコンポーネントを更新する必要があるのかを確認してください。

更新不要

ここに表示されているエクステンションは4.xと互換性があると主張しており、更新は必要ありません。

潜在的なアップグレードの問題 について

「system」、「user」、「authentication」、「actionlog」、「twofactorauth」タイプのプラグインは、アップグレードの処理中に誘発される可能性があります。そのプラグイン内に重大な問題がある場合、アップグレードが失敗してサイトが使用できなくなる可能性があります。そのため、互換性があると明示的に表記されていないタイプのプラグインは、アップグレードボタンを押す前にさらに注意深く確認する必要があります。問題のプラグインを無効にし、開発元に確認することを強くお勧めします。

[[File:Pre_upgrade_checker_popup-The popup warning for potencial upgrade breaking plugins.png|200px|The popup warning for potencial upgrade issue]]

ライブアップデートタブで、サイトを壊す可能性があるエクステンションの全一覧が再び表示されます。

[[File:Live_upgrade_tab_errors-サイトを壊す可能性があるエクステンションに関するライブアップデートメッセージ.png|border|800px|The Live Update message on potential breaking extensions]]

ここに表示されているエクステンションはターゲットバージョンと互換性がないようですが、アップグレードを壊す可能性があるため、アップグレードを実行する前に、ここに表示されているプラグインを含むすべてのエクステンションを無効にすることを強くお勧めします。

自分が何をしているか分かっていますか?チェックボックスをチェックすれば、警告を無視してとにかくアップグレードを実行できます。サイトが壊れてしまってからでは簡単には回復できません。バックアップを取るように通知するのはこれが最後です!

質問と回答

これをいくつかの質問と回答に分けてみましょう。

Q: タグはどういう意味ですか?

A: 緑の更新不要タグは、エクステンションがJoomla 4に対応できていることを開発者がタグ付けしたことを意味します。ワンクリックで3.10.xから4.xに移行する 必要があります。開発者に確認することをお勧めします。

赤い更新情報利用不可 タグは、エクステンションが互換性情報を追加していないことを意味します。3.10.xから4.xへの移行パスについて開発者に確認してください。

イエロー/オレンジのはい (x.x.x)タグは、Joomla 4と互換性を持たせるためにエクステンションを更新する必要があるかもしれないと開発者によってタグ付けされていることを意味します。エクステンションを更新して、緑色の「はい」に変わるかどうかを確認します。そうでない場合は、3.10.xから4.xへの移行パスについて開発者に確認してください。

グレーの互換性タグなし のマークが付いたエクステンションは、互換性情報のタグを含めていないまたは更新サーバーを使用していません。開発者が互換性の有無について言及していないか、更新が必要です。場合によっては、パッケージがインストールされていて、コンポーネント部分にタグが付いていても、追加のプラグインまたはモジュールにタグがないことがあります。いつものように、3.10.xから4.xへの移行パスを確認するには、各エクステンション開発者に確認する必要があります。

Q: Joomlaコアコンポーネントはどうですか?

A: Joomlaコアエクステンションは、次の例外を除いて、ワンクリックで3.10.xから4.xに移行します。

言語パックはまだJoomla4に対応していません(2020年9月現在)。いずれ対応していきます。サイトが他の言語パックに依存している場合は、すべての言語パックの準備ができるまで移行を待ちます。

ウェブリンクコンポーネントはまだ(2020年9月現在)Joomla 4の準備ができていません。Joomla 4サイトで引き続きウェブリンクを使用する場合は、ウェブリンクコンポーネントの準備ができるまで移行を待ちます。

Q: テンプレートはどうですか?

A: Joomla 4での変更により、テンプレートはJoomla4と互換性がある場合と互換性がない場合があります。Protostar、Beez3、Beez5などのコアテンプレートは、ワンクリックで新しいCassiopeiaテンプレートに「変換」され、古いテンプレートは完全に削除されます。 Joomla 4と互換性のないサードパーティの開発者からのクラブテンプレートを使用している場合は、ワンクリックを実行する前に、デフォルトのテンプレートをProtostar(またはBeez3)に変更する必要があります。古い管理者テンプレートまたはコアテンプレートがある場合は、デフォルトとして設定するコアテンプレートを除いて、それらをすべてアンインストールすることをお勧めします。これには、Bluestork、Hathor、その他のbeezテンプレートが含まれます。 Isisを管理者テンプレートとして保持します。互換性のあるサードパーティテンプレートであるProtostarまたはBeez3のいずれかをデフォルトとして保持します。 残りをアンインストールします。

Q: plg_content_geshiをアンインストールできますか?

A: はい。 これは2.5ライフサイクルの残りであり、アンインストールする必要があります

Q: FOF、fef などはどうですか?

A: 赤または黄/オレンジの見出しの多くのエクステンションは、ワンクリックでうまく移行できます。[エクステンション]→[管理]→[管理]に移動して、すべてのエクステンションを確認することをお勧めします。通常、Joomlaによって作成されたものはワンクリックで移行します。通常、Akeebaエクステンションもそうです。 繰り返しになりますが、エクステンションの開発者に確認して、「すべての」サードパーティのエクステンションの移行パスを確認してください。

Q: エクステンションの更新前チェックでは、サイトにインストールされているすべてのエクステンションが表示されますか?

A: 更新前チェックでは、すべてのエクステンションが表示されます。更新サーバーを使用するエクステンションにのみ互換性情報が提供されます。更新サーバーを使用しないエクステンションは、互換性タグなしマークと共に一覧に表示されます。

概要

移行の観点からは、更新前チェックをガイドとして使用する必要があると考えています。拡張機能→管理→管理へ行き、エクステンションをアンインストールするか、作成者を確認して、エクステンションを移行するために確立した移行パスでサードパーティのエクステンション開発者に連絡できるようにします。