J4.x

Joomlaのインストール

From Joomla! Documentation

This page is a translated version of the page J4.x:Installing Joomla and the translation is 58% complete.

Other languages:
Deutsch • ‎English • ‎español • ‎eesti • ‎français • ‎Bahasa Indonesia • ‎italiano • ‎日本語 • ‎Nederlands • ‎中文(台灣)‎

Joomla!を初めてインストールするのはとても簡単です。Joomlaの組み込みWebインストーラーを使用すると、新しいサイトを簡単にセットアップできます。

必要条件

ホスティング要件

始める前に、Joomla4.x を正常にインストールする前に満たす必要のあるいくつかの前提条件があります。これらは、専用サーバー、共有ホスティングプランサーバーがある場合、またはテストや開発のためにローカルコンピューターにコピーをインストールする場合に適用されます。

Joomlaをインストールして使用するには次の要件 を満たす必要があります。

参考

推奨される PHP.ini 設定

Joomlaを問題なくインストールするために必要なPHP設定があります。設定は通常「php.ini」または「user.ini」ファイルで設定します。可能であれば、これらの設定を変更する方法についてサーバー管理者に相談してください。XAMPPなどのローカルホストで作業する場合、これらの設定によって制限されるべきではありませんし、VPSまたは専用ホスティングもそれほど制限的であってはなりません。

以下の PHP.ini の値は、「推奨値」のみです。

  • memory_limit - 最小: 64M 推奨: 128M 以上
  • upload_max_filesize - 最小: 30M
  • post_max_size - 最小: 30M
  • max_execution_time: 推奨: 30

インストールの準備

サーバーにJoomlaをインストールする前に、2つのタスクを完了する必要があります。まずJoomlaパッケージファイルをダウンロードする必要があります。 次に、Joomlaで使用するデータベースの準備が必要になります。

Joomla! パッケージファイルのダウンロードとアップロード

Stop hand nuvola.svg.png
警告!

現在、Joomla 4は開発中であるため、ここではナイトリービルドにリンクしています。これらは時々不安定になる可能性があるので、本番サイトでは使用しないでください。Joomla 4.x が正式にリリースされると、安定したリリースが通常どおりに利用可能になります。 [1]

  1. 現在リリースされているナイトリーリリースをダウンロード→ Joomla! 4.x
  2. ダウンロードしたJoomlaインストールパッケージをサーバーに移動します。FTP クライアントを使ってJoomla 4.x ファイルをサーバに転送してください。使用できるFTPクライアントについてはFTPクライアント一覧を参照ください。FTPクライアントの公式リリースを使用していることを確認してください。
ヒント - ダウンロードしたパッケージをサーバーに移動してから解凍れば、より簡単に実行できます。または、ローカルコンピューターでファイルを解凍してから、Joomlaインストールファイルをサーバーに移動することもできます。いずれにせよ、Joomlaインストールはサイトのルートで解凍する必要があります。
サーバーの「ルート」フォルダ

通常Webファイルはルートフォルダにアップロードします。これは通常「public_html」というフォルダ名ですが、他にも「htdocs」ホストがサーバーをどのように設定したかによって異なります。Joomlaをインストールするには、直接「public_html」またはその中に作成したサブフォルダに入れてください。

Stop hand nuvola.svg.png
警告!

自分のPCでファイルを解凍してからサーバーにコピーする場合は、必ずJoomlaパッケージに含まれるフォルダとファイルのみを移動してください。フォルダーとファイルを、たとえば次のようなフォルダーに解凍すると、 Joomla 次に、そのフォルダをアップロードしてサイトにアクセスする必要があります。 yoursitename.com/Joomla の代わりに yoursitename.com.


Joomla! インストール用のデータベース

  1. データベースを作成する必要がある場合は、以下"Joomlaで使用するデータベースの作成"を最初に参照するか、スキップしてステップ #2へ進みます。
  2. 実際のJoomlaインストールを開始するときに必要な基本的なデータベース情報に注意する必要があります。
    • データベースの場所はlocalhostですか?またはdbserver1.yourhost.comなどの特定のホストのサーバーですか?
    • データベース名
    • データベースのユーザー名
    • データベースのユーザーパスワード

インストールの開始

メイン設定

上記の要件が満たされ、データベースが作成され、必要なJoomlaファイルが配置されたら、Joomlaをインストールする準備が整います。お気に入りのブラウザを開き、サイトのドメイン名を参照して、Joomlaウェブインストーラを起動します。ホスティングインストールでは、 https://www.yoursitename.com. Joomlaをローカルにインストールする場合は、 http://localhost/<Joomlaファイルへのパス> インストール画面が表示されます.

J4x Installation screen page 1.png

Joomla はブラウザの言語から言語を選択 フィールドを自動的に識別しようとします。必要に応じてこれを変更できます。

以下の情報を入力してください。

最初のページで入力がすべてが完了したら、ログインデータの設定ボタンをクリックして続行します。

ログインデータ

ログインデータ画面が表示されます.

J4x Installation screen page 2.png

Fill in the following information.

  • Real Name: The name of the Super User. This how Joomla will greet you when you log in!
  • Super User account username: The username for the Super User. Avoid using admin (which a good Security measure) or use My Profile in the Administration interface to change it later.
  • Admin Password: Remember that Super User has maximum control of the site (frontend & backend), so try to use a difficult password. Use My Profile in the Administration interface to change it later.
  • Super User Email Address: The Super User email address. Enter a valid email in case you forget your password. This is the email address where you'll receive a link to change the admin password.

When everything on the second page is completed, click the Setup Database Connection button to proceed:

Database Configuration

Configuration Settings

You will need to enter the information about the database you will use for Joomla! now. You may also read or review Creating a Database for Joomla!.

J40 Installation screen page 3.png

For simplification, these instructions are a reference to installing with a MySQLi database. The instructions on the installation page are self explanatory, but here they are again:

  • Database Type: MySQLi is the common database used
  • Hostname Where your database is located. Common is localhost, but some hosts use a specific database server such as dbserver1.yourhost.com
  • Username: The username used to connect to the database
  • Password: The password for the database's user
  • Database Name: The name of the database
  • Table Prefix: This is generated automatically and can be a helpful security step, but you can change it. For example, jos3_ can be used. Just don't forget to put the underscore character (_) at the end of the prefix.
  • Connection Encryption: specifies how the connection to the database should be encrypted. If you don't know - then it's best to stick to the default. However this allows enterprises who two way SSL encryption to the database to provide it.

All these choices and more can be edited on the Site Global Configuration page, under Server Options after the installation is completed. Note, you will break your installation if you change these settings after installation unless you have a complete copy of the current database being used by the Joomla installation. Common uses would be to update the username and password of the database or to complete a move of an existing installation to a new host with different parameters.

After you click the Install Joomla button, you should see the Joomla logo spinning. Once the installation completes, you should see the success page!

Finishing Up

Success and Finishing Up the Installation

Congratulations! Joomla! 4 is now installed. If you want to start using Joomla right way without installing extra languages there is one last step to complete the installation. You must delete the Installation Folder. Click on Remove Installation folder and a success message will appear. Now you can navigate to the Administrator Dashboard log in by clicking Complete & Open Admin or go right to your site by clicking Complete & Open Site.

J40 Installation screen page 4.png

You may see a section with recommended PHP settings.

  • Recommended Settings: These settings are recommended in your PHP configuration, but will not prevent Joomla! from being installed. You can refer to the above instructions on how they may be changed if there is a need to do so.

その他の言語のインストール

As part of the Joomla installation process you are given the opportunity to install additional languages before you complete the installation by deleting the Installation Folder, click on:

To do this click on the Install Additional Languages button

This will take you to an extra installation page allowing you to select the languages you require.

言語のインストール

A list of language packs is displayed.

500

Select up to 3 languages you wish to install (more than 3 at once can cause timeout issues - you can install more later).

Remember the following:

  • Language packs included in custom distributions will not be listed at this stage as they are already installed.
  • A version of the packs proposed will match the Joomla Major version (4.0.x, 4.1.x, etc.). The minor version of the pack may not correspond, e.g. you are installing version 4.0.3 and a 4.0.2 language pack is shown.
  • Unmatched language packs in the above example may have untranslated strings.
  • The unmatched language packs will be offered as an update when the packs are updated by the registered Translation teams. The available update will be shown in the Control panel as well as in Extensions Manager  Update. This behaviour is similar to Extensions Manager  Install Languages.

Click Next and a progress bar will be display while the language pack or packs are installed.

デフォルト言語の選択

When the installation of the languages is complete you will now be presented with a very similar Congratulations! Your Joomla site is ready. screen. The difference will be a list of the installed languages allowing you to select the default language for the Site and the Administrator interface.

500
  • Select the default language you wish to use.
  • When you have selected the default language, click the Set default language button to confirm.
  • A system message will be displayed confirming Joomla has set the default ADMINISTRATOR and SITE language. That message can be closed.

ファイナライズ

You must now delete the Installation Folder. Click on Remove Installation folder. You will get a confirmation message and now can navigate to the Administrator Dashboard log in by clicking Complete & Open Admin or go right to your site by clicking Complete & Open Site.